スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

室間添髄症(しつかんてんずいしょう)

このような病気もあるのですね。
某掲示板より知りました。

>こちらの動向に合わせたように音を立てたりして存在を見せつけてくるように付きまとう行為
>これを『室間添髄症』という

「ワタシ生きてます!」「ワタシは負けてないぞ!」という表明なのです
>そのための「音による主張」です

>つまり、そのくらい周囲に対して劣等感を無条件に感じている弱者であると容易に判断もできます
>自己に対する底なしの劣等感を日常的に感じているがために、
>他人の行動の逐一がダメな自分を責め立ててるように受け取っている、という潜在心理があります

>他人の行動が自分を追い立てているというような強迫観念に陥っており
>なかには強迫性障害も患っている症例も少ないと考えられます

>この状態では、他人の行動様式が自己存在の肯定基準そのものにすり替わっており
>そのために他人の行動をつぶさに観察して把握することで1日の大半を費やすような
>重度の「依存症」にも陥っている
ことが多く
>これら『室間添髄症』患者は複合的精神疾患を抱えている場合が確認される
>他人の行動様式に当てはめて自分の行動を追随させ、反射的な反応を示すことが顕著である
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

エイチケー

Author:エイチケー
「テクノロジーを悪用した犯罪」の被害者です。一般の方々には聞いた事のない犯罪だと思います。(加害者側の隠蔽工作もあって)
情報に惑わされず判断能力のある方々が見て下さる、信じてもらえると期待しブログでテクノロジーの悪用犯罪、集団ストーカー犯罪を訴えていきたいと思います。

【主な被害の一覧】

sugipin55@yahoo.co.jp

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。