スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイクロ波を利用した生体情報の検出装置

心の声の悩み、集スト新聞より

【目的】
レーダー波を利用し、目的とする人物の会話、思考、身
体的状態までも盗聴する装置が開発されていたことが判
明した。この盗聴は、はるか遠方よりあらゆる場所で盗
聴が可能である。この盗聴に対し、人々の機密及びプラ
イバシーを守ることを目的とする装置である。

【構成】
盗聴のための電波は通過する際に共振を起こし、盗聴さ
れる人物の体より生体情報が置き変わった輻射波が発振
される。この人体より輻射される生体情報よりも盗聴電
波を大きく発振し警報を出力する。生体情報にはさまざ
まな波形があるが、そのどれにも有効である。警報が出
力された所番地を関係官庁に通報することにより、悪質
なレーダー波による盗聴の電波発振源を発見でき、その
悪行を根絶することが出来る。

http://focustj.wisdomain.biz/KMSystem/ImageView/ImageView3.asp?PATN=JA1995306259A_&KEY=0W2K0H322X1A2o1E402s0t1l1K3X3J2B3g0x2d0Q0V2E3u0o3x2p2s373R1d1A1u&SITE=WISDOMAIN


-------
マイクロ波を利用した生体情報の検出装置は多数あるようです。

【発明の名称】マイクロ波利用人体検知装置
【公開日】2002年3月12日

【発明の名称】モニタ、健康管理システム及び健康管理方法
【公開日】2005年9月8日

【発明の名称】携帯型測定機器、健康管理システム及び健康管理方法
【公開日】2005年9月8日

【発明の名称】生体情報モニタ装置
【公開日】2005年10月6日

【発明の名称】心肺機能監視装置
【公開日】2002年3月5日

-------
室内における対象者の位置及び姿勢、対象者の生体情報、
脳波の測定などをリモートで行う事ができるのであれば
多くの被害者の訴えるハイテク被害が現実味を帯びてきます。
また、軍事分野では民間レベル以上の高い精度と汎用性で
これらを実現可能であろう事は想像に難くありません。

-------
特許検索サイトは以下になります。

ウルトラパテント(Ultra-Patent)
http://www.ultra-patent.jp/Search/Search+.aspx
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

エイチケー

Author:エイチケー
「テクノロジーを悪用した犯罪」の被害者です。一般の方々には聞いた事のない犯罪だと思います。(加害者側の隠蔽工作もあって)
情報に惑わされず判断能力のある方々が見て下さる、信じてもらえると期待しブログでテクノロジーの悪用犯罪、集団ストーカー犯罪を訴えていきたいと思います。

【主な被害の一覧】

sugipin55@yahoo.co.jp

リンク
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。